ドイツでPhDもしくはポスドクのポジションを探してみませんか?

2019年5月21日に行われるResearch in Germany主催の「PhD & ポスドク 研究留学説明・面談会」では、来日したドイツの各大学の担当者から募集ポジションや助成金等の情報を直接聞くことができます。マンツーマンの面談形式ですので、この機会に色々なブースを訪問して、自分に合った研究機関を見つけてみてはいかがでしょうか。

本イベントに参加するのは、5月に東京・大阪で開催される欧州留学フェア(EHEF)のために来日した大学を含めた下記の計9機関です:

  • Ruhr-Universität Bochum (ボーフム大学)
  • Technische Universität Chemnitz (ケムニッツ工科大学)
  • Universität Bayreuth (バイロイト大学)
  • Universität Düsseldorf (デュッセルドルフ大学)
  • Universität Hamburg (ハンブルク大学)
  • Universität Heidelberg (ハイデルベルク大学)
  • Universität zu Köln (ケルン大学)
  • Universität des Saarlandes (ザールラント大学)
  • DAAD (ドイツ学術交流会)

尚、本イベントは、面談と同時並行でドイツ研究留学についての説明会や、ドイツで博士号を取得された元DAAD奨学生のディスカッションなども行われます。

なぜドイツが世界の研究者達からトップクラスの滞在先として選ばれているのか。そして自分がその1人として一歩を踏み出すには、どうすればよいのか。ぜひこのイベントで有意義な情報を手に入れて、ご自身の研究計画を形にしてみてはいかがでしょうか。

会場:ドイツ文化会館1階(東京都港区赤坂7-5-56)

日時:2019年5月21日 14時~18時

登録※ はこちらから(英語):  www.research-in-germany.org/Japan2019

※イベント参加には登録が必要です。(登録ページは4月3日にオープンします)