「人と人との距離をとり、不要不急の外出を控えましょう」この数ヶ月で私たちの社会との関わりの大部分が閉ざされてしまいました。様々な制限の下で生活しなければならなかったり、人と会うことを控えなければならなかったりと、慎重に行動することが求められています。また、国際交流の動きも止まってしまい、新しい形を模索する必要があります。本イベントはその新たな試みの一つです。

2020年9月12日および13日16時〜20時(日本時間)に、「新型コロナウイルス危機と私たち」と題した独日青少年協会(Deutsch-Japanische Jugendgesellschaft e.V.)主催の日独デジタルユースサミットが開催されます。

人との交流の機会がほしい、ドイツに関心がある、ドイツ語を使ってみたいという18歳から30歳の人であれば誰でも無料で参加できます。グループワークはドイツ語と日本語で行われます。

ユースサミットの詳細及び応募に関しては独日青少年協会のウェブサイトでご覧ください。応募の締め切りは2020年8月21日までとなっています。