ドイツ語を勉強していて、将来何ができるのだろうと疑問に思っていませんか?6月11~12日にオンラインで開催されるディスカッションフォーラムでは、ドイツ語を専攻した学生が、どのようにして在日ドイツ企業やドイツ関連機関に就職しているかをお伝えします。

今年も、ドイツ連邦共和国大使館・総領事館、日本独文学会(JGG)/ 日本独文学会ドイツ語教育部会(VDJ)、ドイツ学術交流会(DAAD)が、在日ドイツ商工会議所 (AHK)、ゲーテ・インスティトゥート東京の後援を得てフォーラムを開催しますが、初めてのオンライン形式のフォーラムです。対象は、ドイツ語を専攻している学生(卒業生を含む)と大学のドイツ語教員です。ドイツ語を学んだあと、在日ドイツ企業でどのような仕事に就けるのかについてお伝えします。在日ドイツ企業・機関の代表者やそこで職を得て働く先輩たちと話をしてみませんか。

仕事の内容、ドイツ語能力がもたらす付加価値、インターンシップの詳しい内容など、この機会に各企業・機関に具体的な質問をしてみてはいかがでしょうか。

開催日時:

  • 2021年6月11日(金)18時開始
    ドイツ語を専攻して在日ドイツ企業に就職した先輩たちの体験談
  • 2021年6月12日(土)14時開始
    企業紹介と質疑応答 (小グループでの話合いあり)

開催場所: オンライン

使用言語: ドイツ語/日本語

参加費用:      無料

お申込み (参加申込締切  2021年6月10日): https://www.daad.de/surveys/674379?lang=ja

プログラム案

イベント・フライヤー

参加企業名は、2021年5月下旬にお知らせします。

これまでに開催したフォーラムの様子は下記のリンク先でご覧になれます。
Kyoto University of Foreign Studies
Sophia University

よくある質問 (FAQ) をこちらのPDF  (2021_Dialogforum_FAQ)(ドイツ語)にまとめましたのでご参照ください。その他、ご不明な点については 担当者にお問い合わせください。

担当者:
Dr. Manuela Sato-Prinz (lekt@daadjp.com)