2021年9月5日0時(中央ヨーロッパ時間)をもって、日本はハイリスク地域に指定されました。

このことによりドイツへの渡航者は、入国の事前デジタル登録が必要となります。また、日本がハイリスク地域に指定されたことによって入国後の隔離措置が必要となります。

特にこれからドイツへ留学に行かれる方、また日本での留学を終えてドイツに帰国する方は、ドイツ大使館による詳細を渡航前に必ず確認するようにしてください。
https://japan.diplo.de/ja-ja/aktuelles/-/2479824

【補足】快復証明書、ワクチン接種証明書、陰性証明書のいずれかをドイツの入国ポータルサイト (www.einreiseanmeldung.de)に提出すれば、入国後の自宅検疫期間を短縮して終了することができます。渡航前に快復証明書またはワクチン接種証明書が提出されていれば、検疫は不要となります。陰性証明書の提出については、対象となる検査が入国後5日目以降に実施されている必要があります。検疫は提出する時点で終了となります。12 歳未満の子どもについては、入国後5日目に隔離措置が自動的に終了します。(引用:2021年9月3日付ドイツ大使館注意書き「ドイツ入国時に義務付けられる証明書類について」)