ドイツで間もなく行われる連邦議会選挙。東京大学ドイツ・ヨーロッパ研究センター長の川喜田 敦子氏は、9月22日(水)よりDAAD東京事務所とゲーテ・インスティトゥート東京のSNSアカウント上でドイツ現地から選挙戦の模様を独占レポートします。また9月28日(火)13時からはクレーメンス・フォン・ゲッツェ次期駐日ドイツ大使、川喜田 敦子氏、上智大学のスヴェン・サーラ教授による選挙の振り返りと議論が行われます。

9月22日(水)~ #ドイツ連邦議会選ウォッチ2021

9月26日(日)、ドイツでは連邦議会選挙が行われ、 16年の任期を終えるアンゲラ・メルケル首相の後継者も決定します。選挙戦とそれに伴うターニングポイントを日本の皆様にご紹介するために、川喜田 敦子氏がDAAD東京事務所とゲーテ・インスティトゥート東京のSNSアカウント上でドイツ現地から独占レポートします。ドイツ現代史をご専門とされている東京大学ドイツ・ヨーロッパ研究センター長の川喜田氏は、今回参加するDAAD連邦議会選挙視察研修期間中選挙戦の終盤を目の当たりにし、連邦議会議員候補者らと対面したり、政治や社会について多くの議論を行ったりする予定です。川喜田氏による #ドイツ連邦議会選ウォッチ2021 へのレポートは、9月22日(水)より以下のメディアでご覧いただけます。

DAAD東京事務所Twitter:https://twitter.com/DAADTokyo
DAAD東京事務所Facebook:www.facebook.com/DAADTokyo
DAAD東京事務所Instagram:www.instagram.com/daad.japan/

9月28日(火)日本時間 13:00~14:00: ランチトーク:2021年ドイツ連邦議会選挙を振り返って―日独関係の今後―

DAAD東京事務所とゲーテ・インスティトゥート東京が共同でお届けするシリーズ「#ドイツ連邦議会選ウォッチ2021」のクライマックスを飾るのは、9月28日(火)日本時間13:00から行われるランチトーク。クレーメンス・フォン・ゲッツェ次期駐日ドイツ大使、東京大学ドイツ・ヨーロッパ研究センター長の川喜田 敦子氏、上智大学の近現代日本史の教授でフリードリヒ・エーベルト財団東京事務所の代表でもあるスヴェン・サーラ教授による議論が行われます。

本イベントへの参加登録は必要ありません。9月28日(火)当日に以下のリンクをクリックしてアクセスしてください。(イベントへの質問は、9月27日(月)09:00までこちらからご投稿いただけます。)

川喜田 敦子

1974年東京都生まれ。東京大学大学院総合文化研究科(地域文化研究専攻)博士課程修了。博士(学術)。大阪大学大学院言語文化研究科准教授、中央大学文学部教授等を経て、現在、東京大学大学院総合文化研究科准教授。東京大学大学院総合文化研究科・グローバル地域研究機構・ドイツ・ヨーロッパ研究センター長。日本ドイツ学会副理事長。
専門はドイツ現代史、ドイツ地域研究。主要著書に、『東欧からのドイツ人の追放 二〇世紀の住民移動の歴史のなかで』(白水社2019)、『ドイツの歴史教育』(白水社2005、新装復刊版2019)、『図説ドイツの歴史』(共著、河出書房新社2007)、『ナチズム・ホロコーストと戦後ドイツ』(共編著、勉誠出版2020)、『ドイツ市民社会の史的展開』(共編著、勉誠出版2020)、『引揚・追放・残留 戦後国際民族移動の比較研究』(共編著、名古屋大学出版会2019)、I・カーショー『ヒトラー(上)1889-1936 傲慢』(翻訳、白水社2015)等がある。

クレーメンス・フォン・ゲッツェ(Dr. Clemens von Goetze)

次期駐日ドイツ連邦共和国大使
兵役後、大学で法学及び歴史学を学び、1990年ドイツ外務省に入省。在フィリピン大使館政務法務領事担当、上級職人事課、大臣秘書官、在トルコ大使館首席公使・政務部長、欧州連合ドイツ政府代表部外交政策調整担当(大使)、連邦大統領府外交局長、本省アフリカ・アジア・中南米・中東担当局長、駐イスラエル大使、駐中国大使を歴任。
クレーメンス・フォン・ゲッツェ氏は既婚で、2児の父です。

Facebook: @GermanyInJapan / Instagram: @GermanyInJapan
Twitter: @GermanyInJapan / Web: www.japan.diplo.de

サーラ・スヴェン(Prof. Dr. Sven Saaler)

上智大学国際教養学部教授(日本近現代史)、フリードリヒ・エーベルト財団東京代表、人間文化研究機構 経営協議会委員。主な著編書には、Politics, Memory and Public Opinion (2005)、Pan-Asianism in Modern Japanese History (2007) 、 Routledge Handbook of Modern Japanese History (2018)、『危機の時代と「知」の挑戦』 (2018)、Men in Metal (2020)がある。

#ドイツ連邦議会選ウォッチ2021