2021年9月24日,ドイツ政府は日本に対する「ハイリスク地域(Hochrisikogebiet)」指定を解除しました。

ただし,9月24日現在,日本は「入国制限解除対象国」には指定されておりませんので,一部の入国制限がかかります。
 入国制限の詳細(例外規定を含む)については,下記(1)(ア)から(ウ)をご覧ください。

なお,ハイリスク地域(Hochrisikogebiet)」指定の解除に伴い,2021926日午前0時(ドイツ時間)より,日本からのドイツ入国にあたって,登録義務(デジタル入国登録(DEA))及び隔離義務は撤廃されます。ただし,証明書提示義務(コロナ検査証明書,ワクチン接種証明書,快復証明書のいずれか)は引き続き有効です。
 検疫措置の詳細については,下記2(検疫措置)をご覧ください。(在ドイツ日本国大使館のサイトより引用)

ドイツが認めるワクチン接種を完了していない場合は,重要かつ必須な渡航理由が求められます。在ドイツ日本国大使館のサイトをご確認ください。

ドイツへの渡航、検疫、行動制限、各州の対応などに関しては特に以下のサイトを頻繁にチェックしてください。

在日本ドイツ連邦共和国大使館・総領事館

・在ドイツ日本国大使館(新型コロナウィルスに関する最新情報(ドイツ))

・日本からドイツに渡航する際の入国・検疫措置 早見表(在ドイツ日本国大使館、2021年10月14日現在)

外務省海外安全情報ホームページによりますと、2021年9月26日の時点でドイツは引き続き「レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」となっています。

ドイツの大学での授業や出願などに関しては留学希望の大学のウェブサイトで最新情報を確認してください。