ドイツの大学の博士課程で学ぶ、または研究をするにはどのような準備が必要?ドイツでの学生生活や研究環境は?2月18日(金)18:30から開催のインスタライブで、現在ドイツの大学の博士課程に在籍し研究を行っている日本人学生に気になる点を聞いてみましょう!

コンピューターサイエンスを専攻されているゲストの渡邉さんはドイツの大学の博士課程に在学されているだけでなく、学外の研究所でも研究員をされている他、日本での社会人経験があったりYouTuberとしてドイツでの暮らし・留学生活について積極的に発信されていたりなど、非常に多様なバックグラウンドをお持ちです。

本トークは文系・理系問わずご視聴いただけます。ドイツでの研究や博士課程に興味がある方、ドイツでの留学生活の様子を知りたい方、どなたでもお気軽にご参加ください!

【日時】2022年2月18日(金)18:30~19:30
【配信】DAAD東京事務所インスタグラム(@daad.japan)インスタライブ配信
【ゲスト】渡邉 洸さん(カイザースラウテルン工科大学博士課程在学中・ドイツ人工知能研究所(DFKI)研究員)
【登録】不要(インスタグラムのアカウントをお持ちであればどなたでもご視聴いただけます)
【フライヤー】ダウンロードはこちら

ゲスト:渡邉 洸(わたなべこう)さん

東京農工大学の機械システム工学科でハードウェアに関する知識を深めたのち、奈良先端大で情報学研究科に入学しソフトウェアの知識を深める。
大学院在籍時に、当時在籍していたユビキタス(安本)研究室で文部科学省公認奨学金制度の支援を受けドイツ人工知能研究所にインターンシップ生として留学。
留学を終えた後に、株式会社ディー・エヌ・エーに就職、約2年間就業したのちに退職、大学院で留学していた研究所の研究者募集情報を見て応募し、内定。
プロジェクトの研究員として働きつつ、研究所と提携のあるカイザースラウテルン工科大学でコンピュータサイエンスの博士課程に在籍している。

【SNSアカウント】YouTube / Twitter / Instagram