Fahnen mit dem DAAD-Logo vor der Außenfassade der Zentrale in Bonn.

DAADの歴史を少し振り返るだけで、DAADがこれまで人と学問をつないできたことがわかります。1925年、ハイデルベルクの一人の学生の主導により設立されたDAADは、今日、学生ならびに研究者間の国際交流において最も重要な助成機関のひとつとなっています。

DAADは設立以来、190万人を超える学生や研究者を国内外で支援してきました。現在は、ドイツの大学や学生組織による協会として運営されています。DAADの活動は、奨学金の支給だけにとどまりません。ドイツの大学の国際化の推進、国外でのドイツ学・ドイツ語教育の強化、発展途上国における大学設立の支援、教育政策、学術外交政策、開発政策の決定に際しての助言も行っています。

優秀な人材のための奨学金

DAADは、国内外の若い人たちの留学や研究留学を支援しています。DAADの外国人奨学生の大半は大学院生です。奨学金プログラムに大学院生を対象としたものが多いのは、学部卒業によりその学究的な能力が証明されており、奨学金によりさらにそれを発展させることが期待されるからです。学部生への奨学金は、ドイツ国外のドイツ人学校の中でも特に優秀な成績を修めた卒業生を対象としています。

現地におけるネットワーク

奨学金のための予算の大半はドイツの各省庁の公的予算から拠出されています。なかでも外務省からの拠出が多く、EU (ヨーロッパ連合)や民間企業・団体ならびに外国政府からの拠出もあります。DAADはボンに本部を置き、ベルリンにも首都支局があります。在外事務所やインフォメーションセンターのネットワークを通して、世界中の重要なパートナー国と連絡を保ち、現地で留学相談に応じています。