よくある質問を以下にまとめましたのでご参照ください。不明な場合は DAAD 東京事務所にお問い合わせください。

留学についての質問

新型コロナウィルスの影響のなか、今ドイツに留学できるのですか。ドイツの大学では今どのように授業をしているのですか。

現在(2020年9月25日) 日本からドイツへの渡航者の入国制限は継続していますが、ドイツ国外で(ドイツの大学の学業を)完全な形で進めることが不可能な外国人留学生は例外となることがあるということです(所属する高等教育機関の証明書が必要。入国時、国境管理での提示が求められます。)。

ドイツへの渡航、検疫、行動制限、各州の対応などに関しては特に以下のサイトを頻繁にチェックすることをお勧めします。

・在日本ドイツ連邦共和国大使館・総領事館(新型コロナウィルス感染症に伴う査証(ビザ)制限・出入国制限・渡航制限 よくある質問(FAQ))

・在ドイツ日本大使館(新型コロナウィルスに関する最新情報(ドイツ))

2020年冬学期の開始を通常より遅らせて11月初旬からとする大学も多くあります。また、授業は対面授業とオンライン授業が組み合わせて行われています。大学の建物や施設などに入ることが制限されていたり、いろいろな窓口やサービスが縮小されていたり、マスクの着用・ソーシャルディスタンス・消毒が求められたりしています。このような情報は留学希望の大学のウェブサイトで見ることができます。

留学するためには高度なドイツ語能力が必要ですか。

ドイツの大学では、一般的に、授業はドイツ語で行われます。したがって、出願時に、それぞれ求められるドイツ語能力を証明する必要があります。英語で授業が行われる課程では求められる英語能力を証明する必要があります。留学希望の課程やコースなどの出願条件をご参照の上、詳細は大学の留学生課にご相談ください。

  • ドイツ語能力を証明するには主に次のような方法があります。
    TestDaFは、ドイツ国外の留学希望者がドイツ語能力を証明するための、最も重要な語学能力試験だといえます。読む、聞く、書く、話す、の4分野に分かれており、結果はTDN3、4、5の3段階で評価されます。留学希望者は一般的に、すべての分野でTDN4以上の成績をおさめることが求められます。しかし、これより低い語学レベルの留学生でも受け入れられる場合もありますので、出願要項を確認してください。TestDaFについては、こちらで日本語で詳細に説明されています。日本国内では現在、獨協大学及びゲーテ・インスティトゥート東京で受験できます。
  •  DSH(大学入学志願者ドイツ語試験)はドイツの大学がそれぞれ実施しているドイツ語試験で、現地で受験します。結果はDSH-1、DSH-2、DSH-3で評価され、一般的にDSH-2が合格ラインです(専攻によってはこれより高いDSH-3が求められる場合もあります)。DSHについてはそれぞれの大学にお問い合わせください。
  • その他、ゲーテ・インスティトゥートのGoethe-Zertifikat C2、Telc Deutsch C1、Deutsches Sprachdiplom (Stufe II)も多くの場合、ドイツの大学でドイツ語能力の証明として認められます。いずれの場合も、留学希望の大学にご相談ください。

ドイツの大学には英語で勉強できる課程はありますか。

Bachelor, Master, Doctor の課程を主に英語で学ぶ課程も多数あります。これらの課程はInternational Programes のデータベース大学検索のデータベースで検索することができます。授業は主に英語で行われるため、英語能力の証明書が要求されます。

授業料を支払う必要がありますか。

ドイツでは、国立大学の授業料が州の政府によって定められています。現在、バーデン=ヴュルテンベルク州以外の州では、原則として無料になっていますが、例外もありますので、ご注意ください。
授業料の他にもおよそ300ユーロの共済費(Semesterbeitrag。登録料、学生互助会費など)などの費用がかかります。徴収される費用の種類や具体的な額についてはそれぞれの大学にお問合せください。
バーデン=ヴュルテンベルク州の国立大学では、2017/18年度の冬学期から非EU圏出身の留学生について1学期あたり1500ユーロの授業料を徴収することが決定されました(すでに在籍している方を除く)。
他の州でも、修士課程の場合は授業料がかかる場合がしばしばあります。私立大学も高額の授業料が必要になることがあります。また、例えば大学卒業後に再びドイツの国立大学のBachelor課程に入学するような場合(Zweitstudium)も授業料が徴収されることがあります。
聴講生(Gasthörer) は多くの場合有料です。授業料は一般的に聴講数により決められます。詳細はご自身の場合についてそれぞれの大学にお問い合わせください。

授業料の全体的な傾向については、http://www.studis-online.de/StudInfo/Gebuehrenも参照してください (ドイツ語) 。

ドイツの大学のランキング情報はありますか。

CHE Universitsy Rankingでは、分野別にドイツの大学のランキングを調べることができます。

合格の難易度ではなく、例えば学生の評価、先生のサポート、国際志向、ITインフラといった評価基準で客観的に評価されたランキングを見ることができます。ご自身が重視する評価基準を選ぶこともできます。

高校卒業後にドイツの大学に進学したいです。大学入学共通テストで62%以上の成績が必要と聞いたのですが、どの科目を受ければよいのかが分かりません。

ドイツの大学で学ぶためには一般的に、大学入学資格(Hochschulzugangsberechtigung (HZB)/Higher Education Entrance Qualification)が求められます。日本の高校を卒業後にドイツの大学に進学する場合、そのために高校の履修科目の条件と大学入学共通テストの条件の両方を満たす必要があります。大学入学資格の条件について確認し、留学希望のBachelor課程の担当者に、科目の候補を挙げてMY GUIDEを通じてお問い合わせになることをお勧めいたします。

現在の大学入学資格の条件、MY GUIDEについてはこちらをご参照ください。

音大・美大への留学したいのですが、どのような資格が必要ですか。

音大、美大へ留学する場合でも一般の大学に留学する場合と同様、大学入学申請資格(Hochschulzugangsberechtigung (HZB))が必要です。大学の学科によっては卓越した芸術性を証明することによりHZBを持たなくても入学申請ができる場合もありますので、留学希望の大学の出願要項をご確認ください。要求されるドイツ語力は他の大学と同様、一般的に上級ですが、それ以外の場合もありますので各学科の出願要項を確認してください。
何を、どの大学で学べるか、各大学のホームページ、問い合わせ先等は、大学検索データベースでドイツ語または英語で調べることができます。

Die deutschen Musikhochschulenにはドイツの24の音楽大学へのリンクがあります。短期の音楽コースの情報はmizの Kursinformationssystem で検索できます(ドイツ語のみ)。お問い合わせは主催者に直接お願いします。

ドイツのアーティスト・イン・レジデンスに関する情報はこちらをご参照ください。

DAAD東京事務所ではドイツの大学の大学案内や募集要項などは用意していません。留学希望の大学のホームページをご覧のうえ、疑問点はそれぞれの大学に直接ご相談ください。また、ホームページの翻訳や問合・手続代行、書類作成のお手伝い等も行っていません。

ドイツの大学院に進みたい

日本の大学の学部を卒業後(学士号(Bachelor)取得後)に、ドイツの大学の修士(Master)課程に進学したいと考える方も増えています。

Master課程はデータベースAll degree programmes in Germanyで検索することができます。

英語で学べるMaster課程だけを探したい場合は International programmesが便利です。

注意:もし将来博士号取得を目指す場合は総合大学(university)のMaster課程を選んでください。

ドイツのBachelor課程は6セメスター(3年)制のところが多く、また、Master課程は4セメスター(2年)制のところが多いです。(日本の大学の学部卒業は一般的にドイツの6セメスター制のBachelor課程修了と同等とされています(成績証明書・卒業証明書の内容が審査されます)。)

しかし中には7セメスター制や8セメスター制のBachelor課程もあります。そのようなBachelor課程に接続するMaster課程は3セメスター制や2セメスター制になっていることが多いです。その場合、例えば6セメスター制のBachelorを修了した方は例えば1セメスター分の単位を別に取得するよう求められたりすることもあります。

日本の大学の単位をECTSに変換する公式はありますか。

ドイツの大学ではECTSというヨーロッパの大学共通の単位制度を用いています。多くの場合、1セメスターあたり30ECTS単位とされ、6セメスター制のBachelor課程修了には180単位の取得が必要とされています。(www.daad.de/en/study-and-research-in-germany/first-steps-germany/your-curriculum/参照)

日本の大学の単位をECTS単位に単純に変換する公式はないと思います。ただ、交換留学などの場合は、双方の大学の合意によりドイツで取得したECTS単位を日本の母校の卒業単位として換算するための換算式をそれぞれ定めている場合もあります。

日本の大学の成績をドイツ式の成績に換算する公式はありますか。

外国の大学の成績をドイツ式の成績に換算する際にはよくmodified Bavarian formulaという公式が用いられます。大学のウェブサイトに計算方法が掲載されていることも多いです。

ドイツで博士号を取得するにはどうすればよいのですか。

ドイツで博士号を取得するには、大きく分けて、指導教授の下で個人的に博士論文を執筆して博士号を取得する方法(Individual Doctoral Study)と、いわゆる「博士課程」に入学して博士号を取得する方法(Structured PhD Programmes)があります。博士号を取得する最も一般的な方法は、指導教授の下で個人的に博士論文を執筆する方法ですが、「博士課程」で博士号を取得する人の数も増えています。
博士号をとるさまざまな方法、条件、奨学金、アルバイトなどついてはドイツでの研究のポータルサイト Research in Germanyの情報が役立ちます。Research in Germanyではオンラインイベントも開催されています。

DAADのサイトもご参照ください。

ビザはどこに申請すればよいのですか。

日本、韓国、オーストラリア、カナダ、イスラエル、ニュージーランド、スイス、米国、EU加盟国の国籍を有する人は、ビザ無しでドイツに入国した後に滞在許可を申請することができます(注意事項等、詳細はドイツ大使館・総領事館のホームページを参照)。ドイツに留学する場合、滞在中の学費、生活費、帰国費用等が担保されていることを確認するための書類も必要であることにもご注意ください(2019年9月1日以降は月額853ユーロ)。詳細はドイツ大使館・総領事館のホームページをご参照ください。ビザについてのご質問は、新潟県、長野県、静岡県以東の東日本地域にお住まいの方はドイツ大使館に、富山県、岐阜県、愛知県以西の地域にお住まいの方は大阪神戸総領事館にお願い致します。日本国籍以外の方は、ビザ申請方法についてドイツ大使館・総領事館のホームページをご参照ください。DAADのホームページのVisasもご参照ください。

 

部屋はどうやって見つけたらよいのですか。

ドイツの大学では学籍登録しても自動的に部屋が割り当てられるわけではなく、自分で部屋を探さなくてはなりません。学生向けの手ごろな家賃の部屋がなかなか見つからない場合もありますので、合格通知を受け取ったら(可能であればそれより前に)留学生課と相談しながら直ちに部屋探しを始めることが必要です。

学生寮

学生寮は、学生にとって最も手頃な宿舎です。家賃は設備やロケーション、部屋の広さによって異なります。ドイツ国内の外国人留学生の40パーセント以上が学生寮に住んでいます。

学生寮の部屋を申し込むには、留学先のStudentenwerk(学生互助会)に直接依頼します。学生互助会のホームページには、学生寮、申込期間および条件に関する情報が掲載されています。学生寮はとても人気が高い上、割当数はわずかしかないので、なるべく早く行動することが重要です。

DAAD学生寮検索データベース

WG(フラットシェア)

複数の人と一緒に民間のフラットをシェアするフラットシェア(WG)も人気があります。WGフラットシェアでは、それぞれが自分専用の部屋を持ち、キッチンと浴室は共用です。家賃、電気代やインターネット接続料といった費用は分担します。フラットシェアで暮らす学生の割合は30%以上です。WGは大学内の掲示板やオンラインプラットフォーム、Studentenwerk(学生互助会)のサイト等で探すことができます。

アパート

アパートでの一人暮らしは快適ですが、支払う家賃は高くなります。アパートはインターネットのサイトや地元の新聞で探すことができます。

学期が始まってもまだ部屋が決まらない場合

留学や他の都市でのインターンシップなどのために一定期間部屋を空けている人の部屋を期間限定で借りられる可能性もあります(Zwischenmiete)。また、大学や学生互助会によっては、部屋が見つかっていない人のために最初の数日間泊まるところを用意してくれる場合もあります。その他、部屋が見つかるまでホステル、ユースホステル、民間のB&Bなどに泊まることもできます。

生活費はいくらですか。または、アルバイトをすることは可能ですか。

生活費は平均して一ヶ月あたり 819 ユーロかかると言われています(家賃、交通費、食費、被服費、教材、健康保険、電話、インターネット、テレビ・ラジオ、余暇)。これに加えて、大学によって額が異なる学期ごとの共済費(Semesterbeitrag)も支払います。しかし、この数字はあくまで平均的なものですので、個々人の事情によって必ずしもあてはまらない場合があります。

学生証を提示することにより多くの場合、劇場、博物館、美術館、映画館その他の施設を学割料金で利用できます。

 

滞在許可を申請するには滞在費用の証明(2019年9月1日以降は月額853ユーロ)も必要です。ドイツ大使館・総領事館のビザのページもご参照ください。

大学留学中にアルバイトをすることは不可能ではありませんが、労働許可がない場合、許される労働日数は年間120日(半日の場合は年間240日)までです。自営業としてや、フリーランスとして働くことはできません。学術補助員(wissenschaftliche Hilfskraft/academic assistant)として例えば、図書館での監視、チューターとして補習授業を行う、教授のために文献探しをするという場合は例外となる場合があります。留学生課に十分にご相談ください。

語学コースやStudienkolleg(大学入学準備課程)に通っている場合は、公共職業安定所と外国人局の許可がある場合のみ、また、授業がない時期にのみ、アルバイトが可能です。留学生課に十分にご相談ください。

学生向けのアルバイトを探すには、地元の連邦雇用庁の事務所、学生互助会や大学のウェブサイト、掲示板、地元の新聞が役立ちます。しかし、学生向けのアルバイトを見つけることはなかなか困難であることにも注意が必要です。

詳しくはFinancingSide Jobsもご参照ください(英語のみ)。

ドイツの治安はどうですか。

ドイツは国際的にみて治安の良い国の一つであり、犯罪を過度に心配することはありません。もちろん、治安の悪い場所に近づいたり、人気のないところを一人で歩いたりなど危険な行動は避け、防犯意識を高めて生活する必要があります。

危険な状況、恐ろしい状況に遭遇している、財布をなくした、自転車を盗まれた、といったときは、110番に電話して警察に助けを求めることができます。個人の安全の問題や困ったことがあった場合、大学の留学生課に相談することもできます。

また、ベルリンの日本国大使館総領事館デュッセルドルフ)、ハンブルクフランクフルトミュンヘン)でも安全に関する情報が提供されています。外務省 海外安全ホームページの情報もご参照ください。

ドイツに留学するための奨学金はDAAD以外にもありますか。

日本学生支援機構 海外留学奨学金検索サイトにも多くの奨学金が紹介されていますので、ご自身の条件に合うものがないか探してみていただけますでしょうか。

ドイツ留学に関するパンフレットはありますか。

ドイツ留学に関するパンフレットの郵送をご希望の方は、

ダウンロードとパンフレット

をご参照ください(送料は有料)。

研究・留学奨学金について

応募資格について

応募に年齢制限はありますか。
年齢の制限はありません。但し、多くの場合、最終学位取得から○年以内、という規定があります。それぞれの奨学金の募集要項をご確認ください。

日本、ドイツ以外の大学で長く学んでいます。応募できますか
日本またはドイツ以外の第3国にお住いの方は、6ヶ月を超えない短期奨学金へ応募をする場合、その第3国への滞在が1年以上である場合、その国の枠からDAAD奨学金に応募ができます。6ヶ月を超える長期奨学金の場合、上の条件に加えて、さらにその第3国で最終学位を取得していることが条件となります。わからないことがありましたら、ご滞在の国のDAAD事務所にお問い合わせください。

専攻を変えて応募することはできますか
研究を進める上で強い必要性がある場合は、専攻を変えて奨学金に応募することも可能です。専攻変更の理由は必ず応募書類に明記ください。但し、留学先からの入学許可が下りなければ、奨学金に合格したとしても、その資格が剥奪されてしまいます。まずは、ご希望の留学先大学の応募資格を満たしているかを確認するようにしてください。

ドイツ語はどのくらいできないとなりませんか。
専攻分野、留学先の授業の言語などによりそれぞれ異なりますので一概にはお答えできませんが、留学先の大学の受け入れ条件となる語学能力を満たしていることが重要です。授業がすべて英語で行われる場合などはドイツ語力は求められません。

応募の時点で15カ月以上ドイツに滞在している者は対象とならない、とありますがこの月数はどのように計算するのですか。
いつからドイツに生活拠点を置いているかで逆算してください。

日本国籍、永住ビザ所持者ではありませんが、日本の大学、研究所で留学、研究をしています。応募できますか
国籍に関わらず、6ヶ月を超えない短期奨学金への応募の場合、応募の時点で1年以上日本に滞在し、かつ生活の拠点が日本であることが求められます。6ヶ月を超える長期の研究・留学奨学金の場合はこれに加えて、日本の大学で最終学位を取得している必要があります。

提出書類について

奨学金への応募はどこから行えますか。
応募はDAADポータルで行えます。ポータルの操作についてはポータルハンドブックをご参照ください。

和文の応募用紙はどれですか。
和文の応募用紙は、「20xx年度 ドイツ学術交流会(DAAD) 奨学金 応募申請書」と書かれている1枚の用紙です。写真を添付の上、その他の書類と一緒にDAAD東京事務所までご郵送ください。こちらのページの各奨学金の「所定書式」という項目からダウンロードが可能です。

履歴書の書式はありますか。見本等はありますか
履歴書の決まった書式や見本はありません。学歴・職歴、研究歴、取得した学位、資格、賞歴等(年月日記入)を空白の時期がないよう詳しく記載してください。

研究計画書、動機文はどのように、何枚書けばいいのですか。
特に決まった書式はありません。それぞれの募集要項の提出書類の項目やこちらのページの”B. Preparing your application”を参考にして作成してください。

タイムスケジュールはどの程度のものを書けばよいのですか。
制度化されたカリキュラムを有する学位課程に行かれる方は、簡単に、出発時期、学位課程の期間、帰国予定時期などを記載してください。課程に属さず、博士号取得の研究などに携わる方は、研究計画書をどのようなタイムスケジュールで実現しようと考えているのかを、なるべく詳細に記載してください。

推薦状の書式はありますか。
推薦状は、DAADポータルに書式があります。応募者様の成績や研究内容に詳しい大学の教授に書いてもらってください。ドイツ語 または英語 で推薦状を記入してもらい(サインは手書きであること)、封筒に入れてもらってください。尚、推薦状は開封無効です。

ドイツ語をまったく習ったことがありません。それでも語学能力証明書は出すのですか。
留学先で使用する言語がすべて英語の場合は、英語の能力の証明となるもの(英語能力試験のスコア等)を提出してください。その場合はドイツ語能力証明書は必要ありません。

ドイツ語で留学予定ですが、英語等その他の語学能力証明書は提出する必要がありますか。
もしドイツ語以外の語学能力証明書 (TOEFL, IELTS など) がある場合は、それも同様に提出してください。

ドイツ語で留学予定ですが、提出できる証明書がありません。
その場合、こちらの所定書式を独語・独文専門の大学教師(ドイツ語圏出身者でない方や非常勤の先生でも可)に記入を依頼してください。大学にお願いできる先生がいない場合、Goethe-Institutやその他の認可された語学学校のドイツ語講師に依頼してください。

受入承諾書の形式は決まっていますか。見本等はありますか。
決まった形式も見本もありませんが、応募者の研究計画書の内容を承知の上で受け入れるという旨を明記してもらってください。研究奨学金ではこの承諾書が選考の際に重視されるので、研究内容などに踏み込んだものを書いていただけるようお願いされることをお勧めします。まだ正式な受入承諾書が出ていない場合は、担当教授等との電子メールのやり取りなど、留学希望先から受け入れが許可されていることがわかる旨の書類を提出してください。

受入承諾書、推薦状などの書類を、先生、大学から直接DAADに送ることはできますか。
大変多くの方から一度にご応募を頂きますので、書類を複数回に分けて送られますと、照合が困難となります。書類は必ず応募者の方が全て揃えてからDAADへ提出ください。

DAAD本部のHPにもDAAD奨学金全般の応募の手引きが掲載されています。ぜひ参考になさってください。

支給内容について

給費期間はどのくらい延長できますか。
留学の目的によって延長できるものとできないものがあります。募集要項を確認ください。いずれの場合も、選考(面接)の際にさまざまな観点を検討の上、最終的な給費期間が決定されます。12ヶ月以上の奨学金は、まず最初の1年について奨学金が支給され、留学・研究が順調 に進んでいる場合は、申請手続きを経て、研究計画に応じてその都度延長されます。

他の奨学金と併願できますか。
併願はできます。ただし、併願している旨を応募書類に明記してください。ドイツ側の他の奨学金を受給している間は DAAD の奨学金を受け取ることはできません。日本側の奨学金は 月450 ユーロまで DAAD の奨学金を減額することなく受け取れます。DAAD 以外の奨学金を受給することを決心された場合は、必ずDAADへその旨をお伝えください。連絡がなかった場合、奨学金の支給が取り消しになったり、既に支給済みの奨学金の返還をして頂く可能性がございます。

ドイツ語研修の場所・期間は選べますか
ドイツ語研修の期間(2,4あるいは6ヶ月)については、提出された語学証明書および選考会(面接)により決定されます。研修の有無や期間は本人の希望によるのではなく、応募者が奨学金の受給が始まるまでにど の程度のドイツ語能力の向上が必要かということが考慮されます。ドイツ語研修が必要とみなされた場合、研修参加は原則として義務となります。研修の場所は、ドイツの留学先 も考慮に入れながら、クラスのレベルや空き状況により、DAADが提携語学学校と調整の上、決定します。また語学研修の期間は、すべての授業に出席をすることが義務付けられます。語学研修期間中に学会参加や一時帰国などで授業を欠席することは例外を除き、原則として許可されません。但し、その方の状況などに応じて対応が可能な場合もありますので、一度お問い合わせください。

審査方法について

面接時間はどのくらいですか。何語で行われるのですか。
15~20 分です。滞在先で使用する言語、一般的にドイツ語 または英語が用いられます。

面接場所はDAAD東京事務所のみですか?ドイツで受けることはできますか?
面接は原則としてDAAD東京事務所で行われます。但し、既にドイツで留学を開始されている方に限って、例外的にビデオ面接が認められることもあります。毎年変更がありますので、応募時にご確認ください。

選考委員はどのような方々から構成されるのですか。
日本とドイツの大学の教員あるいはそれに準ずる方です。面接は文系と理系のグループに分かれて行われます。