【写真左から】今福孝男在ドイツ日本国大使館公使、受賞者の森芳樹教授、マーガレット・ヴィンターマンテルDAAD会長、称賛の言葉を述べたクラウス・フォン・ホイジンガー教授

2019年9月24日、本年度のヤーコプ・ヴィルヘルム・グリム賞が東京大学の森芳樹教授に授与されました。グリム賞は、ドイツ語学・ドイツ文学や外国語としてのドイツ語の分野で、卓越した学術的業績をあげた他、国を超えた協力にも貢献した外国人研究者にDAADから授与されます。

森教授はドイツ語言語学者であり、DAADの奨学生としてデュッセルドルフ大学で博士号を取得されました。現在は東京大学大学院・総合文化研究科で、特に理論言語学、意味論、対照言語学の分野で授業・研究をされています。DAAD東京事務所は森教授の受賞に心からお祝い申し上げるとともに、24年に渡るグリム賞の歴史において、今回が二度目の日本人の受賞となったことを大変嬉しく思います。

こちらから本年度のグリム賞授与についてのプレス・リリース全文をお読み頂けます。

https://www.daad.de/presse/pressemitteilungen/de/73944-germanistik-preise-des-daad-gehen-nach-japan-und-in-den-iran/

テキスト:佐藤-プリンツ・マヌエラ