日本そして他国で英語以外の外国語を今日なお学ぶ意義はなんでしょうか?外国語教育・外国語学習研究の知見にはどのようなものがあり、文学・言語学・文化学といった伝統的な専門分野とならぶこれらの研究の重要性はどのように示されているでしょうか?

20201031 - 111にゲーテ・インスティトゥート東京とドイツ学術交流会(DAAD)は、桜美林大学孔子学院、アンスティチュ・フランセ日本、フランス大使館、インスティトゥト・セルバンテス東京、駐日韓国文化院の協力のもと多言語教育の意義とは?-外国語教育・学習研究に関する国際シンポジウム」をオンラインで開催します。

このシンポジウムでは、多言語の重要性を一般の方に広く知っていただくこと、また、日本で英語に次いで最も多く学ばれている中国語、韓国語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、の5言語による相乗効果を生み出し、強めることも目指しています。

シンポジウムは、一般の方にもご参加いただける全体会と、外国語教育の専門家ならびに教育関係者によるワークショップの二部構成で、バーチャル会議で行われます。

テーマは研究、自己啓発、クラスルーム、社会、カリキュラムの5つです。

使用言語
日本語・英語(同時通訳付き)

プログラム
プログラム案 (日本語)

お申し込み
申し込みフォーム
(参加申込締切: 2020年10月22日、参加費用: 無料)

担当者 (DAAD Tokyo)
Dr. Manuela Sato-Prinz (lekt@daadjp.com)