東京事務所は日本におけるDAADの仕事を担当しております。

新型コロナウイルスの感染予防対策のため、DAADドイツ学術交流会東京事務所は現在最少人数での勤務とさせていただいております。なお、感染拡大防止のため事務所への訪問は現在受付しておりません

ご不便をおかけして申し訳ありません。ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

留学相談をご希望の方へ:留学相談は現在お問合せフォームおよびメールでのみ受付しております。Zoomでの留学相談をご希望の方はその旨お書き添えください。
私どもでは、ご本人が自力で情報収集するための情報を提供しており、翻訳・あっせん・代行などのサービスは行っておりません。どうぞご了承くださいませ。

DAAD 東京事務所

〒 107-0052
東京都港区 赤坂7-5-56

TEL: 03-3582-5962
FAX: 03-3582-5554
メール: daad-tokyodaadjp.com

ドロテア・マーンケ (Dorothea Mahnke)

→ メール

2017年3月よりドイツ学術交流会東京事務所所長。

大学で日本学専攻後、JETプログラム(外国語青年招致事業)、「ドイツ同窓会ポータルサイト」DAAD初代コーディネータ、DAADボン本部国際高等教育マーケティング コンソーシウム「GATE-Germany」を経て現職。高等教育マネンジメント学修士。

佐藤-プリンツ・マヌエラ (Dr. Manuela Sato-Prinz)

→ メール
2018年4月中旬より、日本人のドイツ語学・文学研究者およびドイツ語を母語とする日本在住の大学教員のための窓口および「講師プログラム」を担当。慶應義塾大学の講師も兼務。

玉井 佐知 (Sachi Tamai)

→ メール
総務および経理・財務全般を担当。日本人の元奨学生の交流プログラムも受け持つ。

ザビーネ・ヨコヤマ (Sabine Yokoyama)

→ メール
ドイツ人の学生、学部修了者、若手研究者を対象とする奨学金プログラムを担当。生活全般に関する問い合わせ(住居探しや滞在許可に関する質問など)への対応も担当。

大山 美由紀 (Miyuki Oyama)

→ メール
ドイツの大学への留学相談全般、及びドイツ留学関連パンフレット制作を担当。

(留学相談をご希望の方は「問い合わせ」をご参照ください)。

ラウラ・ブレーケン (Laura Blecken)

→ メール

ドイツ学術交流会東京事務所所長代理とドイツ 科学・イノベーション フォーラム東京(DWIH東京)のプログラム・コーディネーターを兼務。日々の業務を管理し、諮問委員会のメンバー及び日本側のパートナーと密に連絡を取り合い、DWIHのイベント・コンセプトやプログラムを立案します。

久留島 義信 (Yoshinobu Kurushima)

→ メール
日本人の学部修了者対象の研究・留学奨学金、VIPおよび研究者プログラムを担当。

柏崎るみ子 (Rumiko Kashiwazaki)

→メール

嘱託として主に翻訳、高等教育関連リサーチ業務を担当

関映子 (Eiko Seki)

→ メール
DAAD友の会と日本フンボルト協会(Humboldt-Gesellschaft Japan), という元日本人奨学生のアルムニ会を担当している。

増田和子 (Kazuko Masuda)

メール

DAAD奨学プログラム「日本語学習と企業内研修」(SPプログラム)を担当。SP奨学生の研修と日本の滞在経験がより豊かで実り多きものとなるようサポートさせていただきます。

パスカル・ヴェンツ (Pascal Wenz)

メール

ドイツの大学生、大学院生、若手研究者を対象とする奨学金プログラムを担当。その他、日本の大学や研究機関の動向を分析。大学院時代は日本文化と宗教学を専攻し、文部科学省による奨学金を受給していた。

竹内 優 (Yu Takeuchi)

メール

ドイツ学術交流会東京事務所とドイツ 科学・イノベーション フォーラム東京(DWIH東京)のオンラインコミュニケーション・広報を担当。ホームページ、ニュースレター、ソーシャルメデイアの管理を受け持つ。